スポーツで地域を拓く

実績紹介(2)

  • HOME »
  • 実績紹介(2)

2.スポーツを活用したまちづくりと地域活性化への意見表明等

年度実施内容委託先
令和3年「スポーツで地域を動かす」 9月に出版予定(一財)東京大学出版会
平成30年「国際的スポーツイベント及び自転車を活用した地域の活性化」に関する冊子作成:9月発刊自主活動
平成29年自治調査会ニュースレター(2017年7月17日発刊)「多摩地域・島しょ地域におけるスポーツを活用した地域活性化に関する調査研究~スポーツコミッションの機能に着目して~報告書」について執筆:木田(公財)東京市町村自治調査会
 マッセOSAKA研究紀要21号スポーツ活用戦略,PP12-30,「スポーツで地域を輝かす」執筆(平成30年3月発刊):木田(公財)大阪府市町村振興協会
平成28年「スポーツを活用した地域活性化―「社会的効果」が経済的効果に繋がる」執筆:木田月刊事業構想8月号p62,63
平成26年「スポーツを活かしたまちづくり、地域づくりとは」執筆:木田日本経済団体連合会
月刊経団連6月号p33,34
 「国際的スポーツイベントを契機としたまちづくり」に関する冊子作成自主事業
平成25年「スポーツで地域を拓く」 木田他SCJ関係者執筆(一財)東京大学出版会
 「スポーツで地域を拓く」において木田執筆の第1章の「社会的効果」が大学入学試験問題として採択関西学院大学
平成24年「スポーツをキーワードとした新たなまちづくりに向けて」執筆:木田自治研10月号
平成23年「スポーツによるまちづくりとその動き」執筆:木田(社)日本建築士事務所協会連合会 会誌「日事連」2月号
 「スポーツが建築・まちづくりにもたらすもの」座談会(木田、小嶋、藤口)(社)日本建築士事務所協会連合会 会誌「日事連」2月号
平成22年「スポーツを活用した地域活性化とスポーツコミッションの必要性」執筆:木田UP5月号 東京大学出版会
 「地域におけるスポーツイベントの社会的効果に関する研究―サッカーワールドカップのキャンプ地を中心として―」執筆:木田博士論文(日本大学)
平成21年テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」において東京オリンピック招致についてコメント:木田テレビ東京
平成20年「フィルムコミッション活動を活かした地域の活性化」執筆:木田UP8月号 東京大学出版会
 「サッカーワールドカップキャンプ地の社会的効果に関する研究」執筆:木田日本大学 理工学研究所報118号
 「フィルムコミッションの実態と地域活性化」執筆:木田日本建築学会 技術報告集第15巻29号
平成19年「スポーツで地域をつくる」 共同編集・執筆:木田他(一財)東京大学出版会
平成18年「スポーツイベントを活かした地域振興方策」執筆:木田自治フォーラム4月号
 「サッカーワールドカップ大会における社会的効果に関する考察―ワールドカップ開催を契機とした地域活性化に関する研究 その2―」執筆:木田・小嶋日本建築学会 技術報告集第23号
 「スポーツを活かした地域活性化」執筆:木田大蔵週報1052・1053号
平成15年「サッカーワールドカップフランス大会における地域活性化の実態―ワールドカップ開催契機とした地域活性化に関する研究 その1―」執筆:木田・小嶋日本建築学会 技術報告集第18号
平成14年「スポーツを活用した地域振興に向けて キャンプ地における地域活性化とは」執筆:木田月刊レジャー産業資料2002・4
 「ワールドカップ開催と地域づくり」についてコメント:木田NHKラジオジャパン
 「ワールドカップ開催と地域づくり」についてコメント:木田フランス ラジオフランス国際局
 仙台放送「CACHI」において「2億円のシティーセールスについてコメント:木田仙台放送
 KBSテレビにおいて「南海郡のキャンプ地とその効果」についてコメント:木田韓国 KBSテレビ
平成13年「スポーツが変える地域コミュニティのあり方」執筆:木田地域開発ニュースNo.273
 「サッカーW杯フランス大会に見るキャンプ地活動」執筆:木田国際スポーツイベント必携ガイドブック スポーツ21ファシリティ研究所
 「ワールドカップキャンプ地と地域活性化 フランスワールドカップキャンプ地を例として」執筆:木田日経研月報1月号
平成12年テレビ東京「モーニングベル」においてワールドカップ開催の効果についてコメント:木田テレビ東京
平成9年「市民の活動がつくる魅力ある地域」編集、執筆:木田大蔵省印刷局
平成7年「スポーツを活用した地域活性化に関する一考察」執筆:木田日本不動産学会 秋季全国大会梗概集
 「地域の活力と魅力―第1巻 躍動」編集協力、執筆:木田他(株)ぎょうせい
※平成20年度以前は、(一財)日本システム開発研究所でのSCJ関係者実績
PAGETOP