2020/02/22
お二人の講演は、行政が示すスポーツをキーワードとした地方創生の4つの柱である「共生社会の実現」「健康長寿社会の実現」「経済の活性化」「地域の活性化」を図ることを目的として行われたもので、講演後には理事長の木田がコーディネーターとなり、これらを議論するパネルディスカッションが行われました。

2020/02/22
野地さんには、「サイクルツーリズムと地域振興」についてお話しいただきましたが、昨今の自転車ブームを背景に様々なサイクルツーリズムがあるものの、サイクリスト視点でのイベント等が多く、地域振興に資する活動は少ないとのことでした。また、シクログというアプリを活用した地域の活性化に資するサイクルイベントについてもお話ししてもらいました。

2020/02/22
信太先生には、「障がい者スポーツとまちづくり」についてお話しいただきましたが、会場に北広島町で練習を行っているアンプティサッカーチームであるアフィーレ広島のメンバーもおられ、先生と熱心に意見交換をされていました。

2020/02/22
北広島町で、首都大学東京健康福祉学部准教授の信太先生及び㈱Seabird代表取締役の野地さんの講演会を開催しました。これは、SCJが北広島町から受託しているスポーツコミッション創設支援事業の一環として開催したものです。

2020/02/19
元日本大学総長・理事長の小嶋理事の傘寿のお祝い会の開催を理事長の木田が中心となって小嶋理事の教え子数名と昨年夏から進め、相当数の方々の参加も決まっておりましたが、昨今のコロナウイルス問題が終息せず、拡大方向にあることから、延期することとなりました。

2020/02/18
理事長の木田が、3月25日に開催予定の「SCJ設立10周年及びスポーツ本発刊記念シンポジウム」での基調講演をお願いすべく、日光アイスバックスのシニアディレクターでもあるセルジオ越後さんとお会いして、講演内容やスポーツ本へのコメント依頼などを行ってきました。

2020/02/14
理事長の木田及び主任研究員の小浦が、北広島町での戦略会議の事前打合を含めて参加してきました。今回の会議は、これまでと異なり関係各課から盛んな意見が出て、活発な会議となりました。

2020/02/06
理事長の木田及び主任研究員の小浦が、自治体の部長から依頼を受けて地元に出向き、来年度のスポーツ庁の事業の概要とその事業受託に向けた地元での今後の取組などの説明を行いました。

2020/02/04
東京大学出版会の黒田理事が事務所に来られ、現在発刊に向けて本編執筆者にゲラの校正を依頼している「スポーツで地域を…」三部作最後の巻について、編者である理事長の木田と打合せを行いました。特に、コラムの取り扱い及び座談会内容などについて打合せをしましたが、3月25日に予定しているシンポジウムに本の発刊が間に合うようなスケジュール調整をしていくこととなりました。

2020/02/03
理事長の木田が当初から関わっていました広島県北広島町の取組、特に現在の「スポーツをキーワードとした地方創生事業」に関して日経グローカルの2月3日号に掲載されました。北広島町の現状からどんぐり北ソフトテニスクラブの誘致や支援、あるいはアフィーレ広島とのかかわりなどもその背景として掲載されているとのことです。