平成30年度スポーツコミッションセミナー
~日本におけるスポーツコミッションのあり方について〜
開催概要(案)
〇開催趣旨
(一財)日本スポーツコミッション(SCJ)では、スポーツを競技スポーツのみならず、健康維持・増進からレクリエーション、体育、余暇活動等を含む身体活動すべてと捉えた上で、スポーツの有する機能や効果を地域づくり、地域の活性化にどのように活用していくか、あるいはその推進組織としてのスポーツコミッションの創設や活動内容などについて、「スポーツコミッション研究会」を平成21年度以降開催してきています。
このような中で、私どもの商標である「スポーツコミッション」を活用して、スポーツを活かした地域づくり、地域の活性化を図ろうとしている自治体等が増加しつつあります。しかし、現在のスポーツコミッションはどのような状況にあるのか、設立当初の目的どおりの活動を展開しているのか、地域づくりや地域活性化に資する活動を展開しているのかなど不明点が数多くあります。
ということで、私どもと商標使用許諾契約をしている各地のスポーツコミッション及びスポーツコミッション連絡協議会メンバーの類似団体等を対象にアンケート調査を行っております。
このようなことから今回は、スポーツコミッションの実態を把握し、課題解決を図り、如何にして地域づくりや地域の活性化に資する組織となっていくかをテーマに開催します。
〇主催:一般財団法人日本スポーツコミッション(SCJ)
〇後援:スポーツ庁、事業構想大学院大学
〇日時:3月28日(木)13時〜17時
〇場所:参議院議員会館 会議室(詳細は後日連絡)
〇内容
1.主催者挨拶
2.後援挨拶
・増井 国光:スポーツ庁 参事官(地域振興担当)
・三枝 稔:事業構想大学院大学 専務理事
3.来賓挨拶:石井浩郎参議院議員
4.基調講演:地域の活性化に資するスポーツ活動とは:60分(13:20~14:20)
セルジオ 越後:日光アイスバックス シニアディレクター(SCJ顧問)
5.基調報告:スポーツコミッション等の実態について(アンケート調査結果発表):40分(14:20~15:00)
杉本 武紀:(一財)日本スポーツコミッション 主席研究員
休憩(15:00~15:15)
6.トークセッション:スポーツコミッションの役割と自立に向けて:90分(15:15~16:45)
コーディネーター:木田 悟:SCJ 理事長
パネリスト   :白枝 淳一:NPO出雲スポーツ振興21 専務理事
〃     :中島 仁実:NPO東北海道スポーツコミッション 理事長
7.閉会挨拶:小嶋 勝衛:(一財)建築・まちづくり協力研究所 理事長
〇募集人数:80名迄
〇資料代等:SC協議会メンバー:行政・学識者:5,000円、その他:8,000円
SC協議会メンバー以外:行政・学識者:8,000円、その他:10,000円
〇意見交換会:(18:00頃〜20:00頃)赤坂見附駅近くで開催:会費:5,000円を予定
〇申込先info@sportscommission.or.jpに連絡し、氏名、所属、連絡先、メルアド、 意見交換会参加の有無を明記し3月25日(月)までに申込を
〇相談会SCの創設をお考えの自治体や課題を抱えるSC等の方々を対象に翌3月29日(金)に無料相談会を開催します。ご希望の方は事前にお知らせください。