2018/9/14
東海大学医学部客員教授の平沼さんと理事長の木田が打合せをし、自転車活用と健康増進にかかわる事業等を推進すべく、27日のサイクリズム研究会後の意見交換会において、経済産業省と意見や情報交換をして行こうということになりました。

2018/9/13
理事長の木田が、埼玉県スポーツ振興課が主宰する「市町村スポーツ主管課長会議」において、講師として「スポーツを活かした地域の活性化」について、県下32の自治体関係者を対象に講演してきました。埼玉県も新たなスポーツ推進計画において「スポーツを活かした地域活性化」について具体的施策等を展開していくための前段として行ったようです。

2018/9/11
理事長の木田とスポーツ庁の高下専門官が、日本電気㈱本社を訪れ、東京オリンピック・パラリンピック推進本部の早田本部長代理に10月23日に開催する「平成30年度第4回スポーツコミッション研究会」(テーマ:」障がい者スポーツと地域の活性化)において、ボッチャについて経済界の活動報告をしていただくことをお願いしてきました。

2018/9/11
今回の経済産業省の事務所訪問及び木田からのレクチャーを受けることは、自転車活用推進計画が策定されたことから経済産業省としても前向きに自転車にかかわる施策や事業を推進していく、という背景があるということです。

2018/9/11
理事長の木田が、事務所を訪れた経済産業省製造産業局車両室の企画官と総括係長に対して「スポーツを活かした地域の活性化」についてレクチャーを行うとともに、経済産業省が今後実施することが望まれる調査や事業などについてアドバイスを行いました。

2018/9/6
新潟市内でスポーツクラブを運営し、スポーツコミッション連絡協議会のメンバーでもある古俣さんから連絡があり、予てから予定していた新潟市の地域での木田理事長の講演について、10月の18日に行うことになったとのことです。

2018/9/6
理事長の木田が財務省の岡本政策立案総括審議官を訪ね、地方創生におけるスポーツを活かした地域づくりの現状をはじめ、地方の地域活性化の現状についてお話するとともに、課題解決に向けた議論をしてきました。

2018/9/5
経済産業書の製造産業局車両室の担当から連絡があり、「自転車を活かした地域の活性化」について理事長木田の意見を聞きたいとのことで、11日に事務所に来られることとなりました。

2018/9/4
台風の影響で帰京できなかった理事長の木田は、自転車担当の杉本主席研究員と打合せをして、広島市の道路交通局自転車都市づくり推進課を訪れ、広島市の行っている自転車にかかわる各種施策の説明を受けるとともに、現在進めているまちづくり冊子に掲載する内容にかかわる資料をいただいてきました。

2018/9/3
理事長の木田と(一財)どんぐり財団の関口専務理事が午後から広島県庁に出向き、スポーツコミッション連絡協議会メンバーの㈱サーベイリサーチセンター広島事務所関係者と共に県のスポーツ推進課の関係者を対象に「スポーツを活かした地域の活性化」についてレクチャーを行うとともに、今後県としてどのようなことを行っていくことが良いのかなどについて議論してきました。

2018/9/3
月曜日の朝9時から北広島町の企画課、生涯学習課、総務課、福祉課の方々をはじめ、広島市のスポーツ協会、広島県スポーツ推進課、どんぐり財団等の関係者を対象に、理事長の木田及びスポーツ庁の高下専門官が「スポーツを活かした地域の活性化」について講演を行いました。前夜の町長との打合せの結果を受けて、今後「スポーツを核とした町づくり」を推進していくことに参加者の皆さんは納得しておられたとのことです。

2018/9/2
この町長等へのレクチャーにあたって、前日にアジア大会において町のスポーツクラブや企業等で就業して(移住して)テニス活動を行っている「どんぐり北広島ソフトテニスクラブ」のメンバーが金メダルを取得したことから、町を挙げて「ソフトテニスを活かしたまちづくり」を推進しようとする機運が高まっていました。

2018/9/2
理事長の木田が、広島県の北広島町を(一財)どんぐり財団の招きで訪れ、箕野町長をはじめとした町のスポーツ関係者に対して「スポーツを核とした町づくり」の必要性についてレクチャーしてきました。また、北広島町の課題を解決して、今後どのように進めていくことが望まれるのかなどについても議論してきました。

2018/9/1
理事長の木田は、スポーツコミッション連絡協議会メンバーで国際ハートフルエクササイズ協会会長の青葉さんが主催した「Letsハートライズ オータムフェスティバル」に招待され、挨拶を行うとともに参加者の方々と交流してきました。