開催概要(案
〇開催趣旨
(一財)日本スポーツコミッション(SCJ)では、スポーツの有する機能や効果を地域づくり、地域の活性化にどのように活用していくか、あるいは推進組織としてのスポーツコミッション(SC)の創設や活動内容などについて、「スポーツコミッション研究会」を平成21年度以降開催してきています。また、平成28年度からは、自転車活用推進法などの制定などで盛り上がりつつあります自転車を活用した地域の活性化に資することを目的に「サイクリズム推進研究会」も開催してきております。
このようなことから、本年度3回目のサイクリズム推進研究会では、サイクルイベントを活用した地域づくりの視点から報告を行ってもらう事とし、サイクルイベントを開催することが地域づくりや地域の活性化に資するものとなっている事例について報告していただく事としました。また、トークセッションを理事長の木田及びNPO出雲スポーツ振興21の白枝専務理事がファシリテーターとなってサイクルイベントと地域づくりについて議論していくこととします。
なお、今回の研究会には、国土交通省の自転車活用推進本部事務局長代理の田尻審議官にもおいでいただき、ご挨拶していたただけることとなりました。
〇主催
一般財団法人日本スポーツコミッション(SCJ)
〇日時
9月27日(木)13時〜17時
〇場所
㈱日本旅行 本社会議室:〒103-0027 東京都中央区日本橋1-19-1 日本橋ダイヤビルディング10階
〇内容
1.主催者挨拶:木田悟:SCJ 理事長
2.来賓挨拶:田尻 直人:国土交通省 道路局自転車活用推進本部事務局長代理(大臣官房審議官)
3.報告:サイクルイベント等を通じた地域活性化:120分(40分×3事例、13:10〜15:05)
① 茨城県における広域自転車活用について:中村 浩:茨城県 政策企画部地域振興課 副参事
② 札幌市、金沢市における自転車活用の実態と分析:杉本 武紀:SCJ 主席研究員
③ ITを活用したサイクルイベントとまちづくり:野地 教弥:㈱Seabird  代表取締役
4.トークセッション:85分(15:20~16:50)
ファシリテーター:木田 悟:SCJ 理事長、白枝 淳一:NPO出雲スポーツ振興21 専務理事
~サイクルイベントと地域の活性化について〜
5.閉会挨拶:小嶋勝衛:(一財)建築・まちづくり協力研究所 理事長
〇募集人数:60名程度
〇参加費:SC協議会メンバー:行政・学識者:5,000円、その他:8,000円、SC協議会メンバー以外:行政・学識者:8,000円、その他:10,000円
〇意見交換会:(17:30〜19:30頃)「備長吉兆や日本橋店」で開催:会費:5,000円
〇申込先:info@sportscommission.or.jpに連絡し、氏名、所属、連絡先、メルアド、 意見交換会参加の有無を記載し、9月21日(金)までに申込を。
〇相談会:SCの創設をお考えの自治体や課題を抱えるSCの方々を対象に28日(金)に相談会を開催します。ご希望の方は事前にお知らせください。